バラ 育て方などなど

最新情報

バラ栽培:9~10月

「厳しい夏の日射しも和らぎ、だんだんと涼しさから肌寒さへと移行する季節。
秋バラを楽しむために作業を行いたいですね。

●9月の作業

バラにとって厳しかった夏の日射しが落ち着いてきます。

この時期気をつけたいのが秋の長雨。
梅雨時期と同じように黒点病に注意する必要がでてきます。

また、気温が下がり過ごしやすくなると夏の間、影をひそめていたうどんこ病も発生しやすくなってきます。
害虫も活発に動くので、早めに対処しておきましょう。
消毒をする場合は、長雨に入る前に行います。

水やりは、毎日、土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。

四季咲きのバラは、9月の第1週までに夏の剪定を終えておくと秋バラがより楽しめます。
ただし、イングリッシュローズなどは不定期に咲くので、
花が終わった後に剪定すれば大丈夫ですね。

追肥を忘れずにあげておきましょう。

●10月の作業

美しい秋バラのシーズンいよいよ到来です。
10月中旬頃から四季咲きのバラの開花が始まります。

季節的に肌寒さも感じるようになってきますから、害虫の動きが弱くなります。
そのかわり、うどんこ病や黒星病の被害が出てきますので、
秋バラが開花するまでに薬剤散布をし、病害虫への予防が必要となってきます。

水やりは、バラの花が咲くまでは毎日、バラが咲いたら土の表面が乾いたら与えます。

肥料は、月の初めくらいまで続け、蕾が色づき始めたらストップします。

バラを増やす場合、接ぎ木や挿し木に適した季節です。

秋バラは、花もちが良く、色も香りも強くなりますので、十分楽しんでくださいね。

タグ

バラのコンパニオンプランツ4

イングリッシュガーデンの中のローズボーダーで言われるのは
バラと草丈がマッチするコンパニオンプランツを合わせるのが一般的だということです。

バラと背丈が合い、花もバラとよく合う植物、
オススメのコンパニオンプランツを見ていきましょう。

●ジギタリス
バラのコンパニオンプランツとしてはあまりにも有名で、
イングリッシュ・ローズガーデンなどでもよく見かけます。
草丈も1mくらいに伸びるので
花壇の中でも抜群の存在力でバラと共にナチュラルガーデンを演出します。
釣り鐘状の花をつける耐寒性多年草です。

●ルピナス
バラの間に植えると自然な感じで優しい雰囲気がつくれます。
ラテン語の「オオカミ」を語源とする植物で、
日本ではその花の形から昇り藤ともよばれています。
もともとは多年草ですが、暑さに弱いので、
日本では夏越しが難しいため一年草のような扱いになってしまいます。

●チェリーセージ
ハーブの一種でかわいい濃いローズ色の花がバラと良く合います。
同じセージの仲間のパイナップルセージも花色が似ていますが、
チェリーセージの方が花びらがふっくらしているので可愛らしさがバラ向きかも。

●フウリンソウ
カンパニュラ・メディウムとも呼ばれています。
多年草でベルのような形の花がバラを引き立て可愛らしさ倍増です。
花色も白、ブルー、ピンクなどの淡い色合いが多いので
ローズガーデンではコーディネートに一役かってくれそうです。

●デルフィニウム
多年草で、ブルーだけでなく
白、赤、ピンク、紫、クリーム色と多彩な色があります。
バラの色との組み合わせを考えると庭の演出にもってこいです。



タグ