2011年3月の記事一覧

バラの害虫と対策

バラの花を楽しむにあたって害虫は対策が必要となるものです。
バラの病気も気をつけなければなりませんが、害虫もよく見ておきましょう。
美しいバラを咲かせるためにも、バラの害虫とその対策を調べてみました。

●アブラムシ
緑色や黒い小さな虫が枝や葉っぱ、つぼみにびっしりついてしまいます。
アブラムシは、群がって樹液を吸いバラの成長を妨げます。
つぼみについた場合には、花びらがきれいに成長しなくなりますね。
オルトラン、マラソン、スミチオンなとを散布して防ぎます。

●ハダニ
夏の高温期に大量発生することの多い害虫です。
葉が丸まったり白っぽい膜ができていたらハダニかもしれません。

ハダニには専用の殺ダニ剤が必要となるのでニッソランやダニトロン、アカール
などをつかって対処しましょう。

●チュウレンジハバチ
春から初秋に発生する害虫です。
茎に産卵した後、孵化、幼虫が葉っぱを食べてしまいます。

地面に黒いフンが落ちていたら幼虫がいる印ですのでオルトランやマラソン、
スミチオンを散布します。

●パラゾウムシ
小さな黒いゾウ虫で、春から初夏に発生します。
開花前に新芽やつぼみに穴を開けて産卵します。
被害をうけるとそこが黒く枯れてしまいます。

成虫をみつけたらすぐに捕殺し、スミチオンを散布します。

●コガネムシ
コガネムシにもいろいろあり、つぼみや花を食べるコガネムシや
せっかく伸びたシュートを食べるものなどがあります。
完全な駆除は難しいため、みつけたらこまめに捕殺するか
スミチオンなどを繰り返し散布して予防します。

●カミキリムシ
成虫は樹皮を食べて枝を枯らし、幼虫は木の内部を食べて木を枯らします。
見つけ次第、捕殺。

こまめに観察し、早いうちに対処しましょう。
また、虫の駆除には、満月のころに薬をつかうとよく効くと言われています。
虫が卵を産むのが大潮のときだからです。


スポンサードリンク

タグ

2011年3月26日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:バラの害虫