ベランダでバラ

ベランダでバラ:夏の旅行対策

ベランダでバラ栽培の難関は、夏の暑さ。
でも、もしかしたら、夏に留守をすることがさらに難関かも知れませんね。

これはバラ栽培に限ったことではありません。
ベランダガーデニングをやっていれば、
野菜であれ、花であれ、最大の難関ともいえるでしょう。
つまり、水切れ。

庭だったらまだ近所の人や友人に水やりを頼むこともできるでしょう。

でもベランダでバラ栽培というと、
アパート、もしくはマンション、戸建てだったとしても
鍵を預けてまでバラの水やりを頼める人が
そうそう近所にいないかもしれません。

夏旅行やお盆で
どうしても帰省しなければならない方は
水の管理をしっかりして、覚悟してバラの無事を祈りましょう。

夕立がくることは想定外のこととして(来ない日もありますから)
バラ鉢が水切れしないように出来るだけのことを。

まず、日よけスクリーン。
バラ栽培には、日光も大事ですが、
やはりギンギンの日射しは水切れにつながってしまいます。
朝に水をたっぷりやっても、夕方にはカラカラになったりしますよね。

遮光率50%程度の日除けスクリーンがあるとベストです。

次は、バラの株元にマルチング材をしいてあげましょう。
つまり、土を覆うものです。
ウッドチップ、もみ殻、稲わら、バーク、腐葉土、ピート・モス、牛ふんなど
バラの根元に敷く素材はたくさんあります。

バラの株元にマルチングすることによって
鉢の表面の水分が蒸発するのを多少は防げます。
ちなみにマルチングはバラにとって保温効果もありますので覚えておきましょう。

ただし、素材を選ばないと、かえって害虫のすみかとなってしまう場合も。
注意してくださいね。

出かける前には、バラ鉢の底から水がどんどんと流れるくらい
たっぷりと水やりを。

ギンギンに晴れた場合、3日程度がヤマだと思います。
それ以上留守にするときは、バラ鉢を誰かに預けることをかんがえた方がよさそうです。
お礼のお土産はお忘れなく。

タグ

バラの暑さ対策

ベランダでバラを育てるときに気をつけたい真夏の暑さ対策です。

バラ栽培初心者の難関は、暑い夏の日射しかもしれません。
バラは夏に咲く花ですが、夏のお手入れにはちょっとした気配りが必要です。
バラを育てる上で何もかも分からない状態だと、
暑い夏にどんなお手入れをしてあげたらいいのか迷うかもしれませんね。

初めてのバラの夏越し。
育てているバラが暑さに強いバラ比較的大丈夫ですが。。
ミミエデンのようなバラなら強いですね。
しかし、そうでないものも、当然あります。

ベランダローズガーデンで気をつけたい最大の敵は、
上からの直射日光よりも、下からの照り返しなんですね。
広いベランダであれば問題ありませんが、
大変なのは、エアコンの室外機をベランダに置いてあるようなとき!

室外機から発生する蒸し暑い風は意外とダメージになります。
この暑さの中、エアコン無しで過ごすことは難しいでしょうから、
ベランダは夏の日射しと室外機の熱風でとんでもなく暑くなってしまいます。

バラの鉢をすのこの上に乗せたり、
フラワースタンドに乗せたりして
照り返しによる暑さ攻撃から少しでも逃れましょう。

バラがいくら日当たりを好むからといって
夏の日射しは強すぎることがあります。

ホームセンターやガーデニング用品のお店に行くと、
日除けスクリーンやよしず、すだれといった遮光グッズがそろっていますね。
バラの鉢が午後からの強い日射しをさけるくらいの位置に取り付けるとよいかもしれません。

この暑い中、せっかく咲いてくれたバラの花も
あまりに暑すぎると1日にして花びらが縮んでしょぼくれてしまいます。
早朝、あんなにキレイだったバラが
夕方になるとシュワシュワに枯れていくなんて。

バラの暑さ対策をしっかりして美しい花を楽しみましょう。



タグ