バラはよく育つ

バラはよく育つ

バラはよく育ちますね。
バラの栽培をしているとその生育旺盛な姿に驚くことがあります。

薔薇は美しいけれど病気や害虫に弱く、
手をかけなければなかなかうまく咲かないというような
はかなげな印象を持っている人も多いのではないでしょうか。

ところがバラ栽培を始めてみると、
バラはとっても丈夫な植物だということがわかります。
もちろん害虫被害も病気もあるので気をつかなければいけませんが。

シュートと呼ばれる新しい枝を活発に伸ばすバラ品種であれば、
株もとに新しい芽をみつけると思います。

かわいい芽が出始めたなあ~と思ったら、目に見えて伸びていきます。
こちらがちょっと目を離しているうちに伸びていってしまいます。

ベランダで育てているアップライトなシュラブ型のイングリッシュ・ローズ、
アルンウィックローズに株もとからシュートが出始めた時、
観察していたら2週間で1メートル近く伸びてしまいました。

バラはその美しい花が咲いたときだけでなく、
ツボミをつけるまでの成長をみるのも楽しい植物です。

ひたすら伸びて花を咲かせ、旺盛に生きようとするバラはとても魅力的です。
忙しい朝にバラを観察して、ついつい仕事に遅れそうになってしまうほどに。

普段の生活をしていると、毎日同じことの繰り返し、
単調に思えることもあるかもしれません。
ところが、バラの成長をみているだけで、
そこには毎日違う状況が繰り広げられています。

なんにせよ、元気に育っていくバラを見るのは
楽しいものですね。


タグ

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://wis7.com/rose/mt-tb.cgi/34

コメントを投稿する

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)