バラの歴史

バラの歴史

私たちを楽しませてくれるバラの花。
私たちとバラのおつきあいはどのくらいになるのでしょうね。
この美しい花を、いつ頃から私たちは育ててきたのでしょう?

バラの原産地は、中近東からアジア周辺、東アジアといわれています。
メソポタミアやバビロン宮殿ではバラが栽培されていた記録があるようです。

アメリカではなんと、3500万年前のバラの化石が見つかっています。
植物としても歴史があるのですね。

暴君で有名な皇帝ネロもバラ愛好者であったといわれています。
もちろん、あのクレオパトラも同様にバラ好きで有名です。

原産地はアジア付近であるバラがヨーロッパに伝わったのは
十字軍のエルサレム遠征によるようです。

優名なボッティチェリの絵画「ビーナス誕生」にも
バラの花がビーナスに降り注いでいる様子が描かれています。

バラの原種から多くの品種が生み出されたのは、ヨーロッパでは
ナポレオンの皇妃ジョゼフィーヌの功績が大きいところです。
ジョセフィーヌは、バラのコレクターとして有名で、
19世紀初頭にマルメゾン宮殿に広大なバラ園をつくりました。
世界各国のバラを集めたこの宮殿では
専門家による品種改良が盛んに行われ、観賞用として多くのバラが生まれました。

バラはその後、王侯貴族だけでなく
一般の人にも楽しめるようになっていきます。
そして1867年にフランスのギョーが四季咲き大輪「ラ・フランス」を作りました。
そのために、それまでのバラはオールドローズ、
それ以降のバラをモダンローズと呼ぶようになったそうです。






スポンサードリンク

タグ

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://wis7.com/rose/mt-tb.cgi/17

コメントを投稿する

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)