検索結果

タグ検索

バラ 育て方などなどで“水やり”タグの付いているブログ記事

下記のエントリー(記事)が検索結果となります。

バラの水やり

バラ苗を育てる場合も水やりは大切。
水やりの仕方によって株の成長を左右してしまいます。

バラに限らず、ガーデニングをする上でも、
水やりはもっとも難しい作業といわれています。


バラの水やりの場合も、神経を使わず無頓着に行ってしまうと、
あれこれと困ったことに遭遇することになってしまいます。

バラにお水をあげる時間帯はできれば午前中が適しています。


バラの鉢植えの場合は、鉢土の表面が乾いてから。
鉢の下から流れ出るくらい株元にたっぷりと与えます。
こうして鉢の中にたまった古い空気も入れ替えができます。

バラが庭植えの場合は、根付いてしまえばよほどの晴天続きなどの場合でない限り、
それほど水を与える必要はないんです。

あまり常日頃から水を与え続けると
根があまり深くまで伸びなくなり軟弱な株になってしまう可能性があります。

水やりの注意点として、夏には朝夕涼しい頃に冷たい水を与えます。
時々、葉水を与えましょう。

冬には、晴れた日の午前中が適しています。
気温が上がりはじめてから冷たすぎない適温の水をやりましょう。
夜になって凍る恐れがあるので、夕方はお水は与えません。

株の上から水を与えると病気になりやすいため、かならず株元に与えてください。

水圧を高くすると泥はねしやすいので、
穴の細かいホースノズルをつけ優しく水をあげてくださいね。



・水のやりすぎは根腐れの原因に。

・水切れでは、葉やけを起こしたり、育成が遅れたりしてしまいます。

・水やりのときに泥がはねてしまうと、黒星病が発生しやすくなります。

・冷たい水が葉にかかると、べと病が発生しやすくなります。

・冬の夕方に水やりすると、凍ったり枯れてしまったりします。



スポンサードリンク

タグ