検索結果

タグ検索

バラ 育て方などなどで“イングリッシュローズ”タグの付いているブログ記事

下記のエントリー(記事)が検索結果となります。

イングリッシュローズの新しい分類

イングリッシュローズはバラの中でもいつも大変人気のあるバラですね。

イングリッシュ・ローズはオールドローズを元にして
改良を加えながら作り出されたバラなので
オールドローズの系統と同じようにいろいろな品種の特徴が違います。

デビッド・オースチンは、
オールドローズの優雅な花形と香りをもった
四季咲き性の強いバラを作出することに成功しました。

そこでバラの品種が増えたイングリッシュ・ローズの分類が
新たに始まったようです。

イングリッシュ・ローズの分類は、4つ。
イングリッシュ・オールドローズ・ハイブリッド、
イングリッシュ・ムスク・ローズ、
リアンダー・グループ、
アルバローズ・ハイブリッドです。

イングリッシュ・オールドローズ・ハイブリッドは、
イングリッシュ・ローズの原点。
ガリカ系やダマスク系の特徴をもっているそうです。
その特徴は、バラの花色もクリムゾンやピンク、紫といったもので、
香りもオールドローズ香をもっています。

イングリッシュ・ムスク・ローズは、ノワゼットローズのように
上品で可愛らしく、ムスクローズの香りが混ざっているものもあります。

リアンダー・グループとは、花形はオールドローズのものですが、
もう少しモダンローズに近いもの。
バラの花の色は黄色や、明るい色など多様な花色です。
香りも強く、フルーティであったり、ティーの香りであったり
またミルラ香がしたりとこちらも多様です。

アルバローズ・ハイブリッドは、花色は現在ピンクのシェードのみ。
イングリッシュ・ローズとしてはもっとも新しいグループです。
アルバローズとイングリッシュ・ローズの交配です。



スポンサードリンク

タグ

2011年2月 4日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:バラの品種

アルンウィック・キャッスル

ジ・アレンウィックローズ(1).jpgアルンウィック・キャッスル。
バラ苗としておすすめです。

ジ・アレンウィック・ローズで
カタログにのっていたりします。
とにかく花びらが多く、
豪華なバラですね。

濃厚でいて、いやみのない
深いピンク色の花は
とても美しく
ついうっとりしてしまいます。
オールドローズの優雅さを
あわせ持っていながら
四季咲きという華やかさ。

デビッド・オースチン作の
イングリッシュローズのひとつです。

アルンウィック・キャッスルまたはジ・アレンウィック・ローズは、
イングリッシュ・ローズがたくさん植えられている
ノースアンバーランドのアレンウィック・ガーデンから名付けられています。

バラの樹形は中程度のシュラブとの表記がありますが、
実際はブッシュ型に近く、鉢植えにも適していると思います。

花形は、ディープカップからカップ咲き。

濃厚なピンクのディープカップからだんだん咲くにしたがって
浅めのカップ咲きとなりピンクも淡い上品な色合いへと変化します。

バラの香りは、甘く強く香ります。

バラカタログには、
「ほのかなラズベリーの香りを伴うオールドローズの香り」
とあります。

バラのお花が咲いているときに、
アルンウィック・キャッスルを購入する予定がないにもかかわらず、
あまりにも甘くときめく香りだったので連れて帰ってしまいました。

バラの葉っぱも濃くて元気良さそう!
我が家のベランダでは、一番背が高いのですが、
素直な樹形なのであまり場所をとらないですむんですね。

病気にも強いようで、梅雨どきでも大丈夫、
美しい花を咲かせます。

デヴィド・オースチンオススメの品種、
アルンウィックキャッスル。
是非あなたのローズガーデンに迎えてみては?


スポンサードリンク

タグ

2011年2月 2日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:バラの品種

アンブリッジ・ローズ

バラの品種はいろいろあれど、初心者にオススメのものは、
イングリッシュローズのアンブリッジ・ローズではないでしょうか。

バラの品種としては、
それほど大きくならないタイプのバラなので
ローズガーデンに植える場合、手前側に配置するとよいです。

コンパクトだということは、つまり、
ベランダコンテナガーデンでも大丈夫ということですね。

このバラの名前になったアンブリッジとは、
イギリスにあるとされる架空の町のなまえ。
BBC放送の長寿番組の舞台だそうですが、
ハリー・ポッターでは確か。。。(笑)

デビッド・オースチン・ロージズの説明では
アンブリッジ・ローズの樹形は、すっきりとしたブッシュ型となっています。
でも、実際は半横張りのシュラブ型と思った方が良い感じがします。

バラの花形は、最初はカップ咲き、その後、ロゼット咲きへと変わります。
花色はアプリコットですが、咲き進むと淡くさらに上品な色へと変化します。

咲き始めはコロンとしたカップ型。
かわいらしくて、房のようにまとまって
次々に咲いていくんです。

細めの枝でもバラの花をつけるので、うつむき加減でカップ型。
イングリッシュローズ好きにはたまらない魅力がたくさんです。

アンブリッジ・ローズの香りは、独特なミルラ香。
フルーティな香りです。
本来のバラの香りが好きな方にはミルラ香は賛否両論ありますね。
意見が分かれるところですが、
これはこれですっきり良い香りだと思っています。

このバラは、耐病性があるので初心者にはとても育てやすいバラです。

分枝が多いので、そのまま自由な形にしても楽しめますし、
支柱を立ててコンパクトにしてもかわいいです。

スポンサードリンク

タグ

バラの種類

バラには種類がたくさんありますね。
今や2万種とも言われています。

バラの分類には実は特に決まったものがないんです。

ここでは、バラの種類を大まかに分けてみたいと思います。

バラの種類には、オールドローズとモダンローズ、
バラの原種であるワイルドローズがあります。
1867年を境にして、それ以前につくられたバラをオールドローズ、
それ以降につくられたバラをモダンローズと呼んでいます。

1867年は、「ラ・フランス」というバラが
フランスのギヨーによって作られた年です。
この「ラ・フランス」が現代のバラの原型となっており、
これ以降に作られたモノはモダンローズです。

ワイルドローズはバラの原種のことで、
元をたどっていくとノイバラ、ハマナス、庚申バラなど
7、8種の野生バラにたどり着きます。

オールドローズは、そのほとんどが一季咲きです。
代表的なものは、アルバ系、ブルボン系、チャイナ系、ダマスク系、ガリカ系、
モス系、ポートランド系、ケンティフォーリア系、ハイブリッド・パーペチュア
ル系、ティ系、ノアゼット系などがあります。

モダンローズは、四季咲きや返り咲きの品種が多く、代表的なものは、
ハイブリッドティー系、フロリバンダ系、グランディフローラ、イングリッシュ・ローズ、
クライミング・ローズ、ミニチュアローズ、モダンシュラブローズなどがあります。

中でも有名なのはイングリッシュローズ。
イギリスの育種家デイビット.オースティンが1969年に発表したバラで、
オールドローズとモダンローズのよいところを合わせもつ品種で
オールドローズの優雅な花形と香りはそのままに、
モダンローズのように四季咲きの大変人気のあるバラです。




スポンサードリンク

タグ

2011年1月20日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:バラの品種