検索結果

タグ検索

バラ 育て方などなどで“ハダニ”タグの付いているブログ記事

下記のエントリー(記事)が検索結果となります。

バラ栽培:7~8月

バラ栽培にとって過酷な夏がやってきます。
特に最近の猛暑つづきの状態では、どの植物にとっても同じですが、
水切れを起こさないような管理が必要です。

●7月の作業

バラ苗も、梅雨開けとともに夏の厳しい日射しにさらされることになります。

バラ鉢の表面も用土が乾きやすく、毎日の水やりが必要になってきます。
水切れを起こさないように、鉢の下から水が流れ出るまでたっぷりと与えます。
水が底から流れ出るときに空気を一緒に引き出す作用があり、
鉢の中の呼吸を助けることから、水をたっぷりやります。

暑い日は、朝晩2回の水やりが必要になる場合もあります。

気温が高くなると、バラでもうどんこ病や黒星病はいったん影を潜めます。
その代わり、ハダニや害虫の幼虫などがはびこる季節です。
毎日の水やりの時、よく葉っぱを観察し、
害虫がいれば取り除くなどの手入れが必要です。
ベランダ栽培などで雨のあたらな場所では、乾燥によってハダニがつきやすいので
霧吹きなどで葉っぱを濡らしてあげるのもよいです。

肥料は月1回の固形肥料と、10日に1度くらい水やり時に液肥を与えます。
剪定はこの時期のバラには特に必要ありませんが、あまりに混み合うようであれば、
適宜、風通しを良くするように剪定します。

●8月の作業

7月と同様、暑い日が続きますのでバラ苗が水切れを起こさないように毎日、場
合によっては朝晩2回の水やりを行います。

イングリッシュローズなど、四季咲きのバラは3番花を咲かせますので
花の咲いた後は軽く剪定しておきます。

春に植え付けたバラの新苗もどんどん生長し、蕾をつけると思いますが
秋までは摘蕾し、苗を大きくすることに専念します。

台風が発生する時期でもありますので、台風時には支柱を立て、
枝が倒れないように固定しましょう。

8月下旬から9月上旬にかけて秋のバラを美しく咲かせるために
品種によっては剪定を行います。



タグ

バラの害虫と対策

バラの花を楽しむにあたって害虫は対策が必要となるものです。
バラの病気も気をつけなければなりませんが、害虫もよく見ておきましょう。
美しいバラを咲かせるためにも、バラの害虫とその対策を調べてみました。

●アブラムシ
緑色や黒い小さな虫が枝や葉っぱ、つぼみにびっしりついてしまいます。
アブラムシは、群がって樹液を吸いバラの成長を妨げます。
つぼみについた場合には、花びらがきれいに成長しなくなりますね。
オルトラン、マラソン、スミチオンなとを散布して防ぎます。

●ハダニ
夏の高温期に大量発生することの多い害虫です。
葉が丸まったり白っぽい膜ができていたらハダニかもしれません。

ハダニには専用の殺ダニ剤が必要となるのでニッソランやダニトロン、アカール
などをつかって対処しましょう。

●チュウレンジハバチ
春から初秋に発生する害虫です。
茎に産卵した後、孵化、幼虫が葉っぱを食べてしまいます。

地面に黒いフンが落ちていたら幼虫がいる印ですのでオルトランやマラソン、
スミチオンを散布します。

●パラゾウムシ
小さな黒いゾウ虫で、春から初夏に発生します。
開花前に新芽やつぼみに穴を開けて産卵します。
被害をうけるとそこが黒く枯れてしまいます。

成虫をみつけたらすぐに捕殺し、スミチオンを散布します。

●コガネムシ
コガネムシにもいろいろあり、つぼみや花を食べるコガネムシや
せっかく伸びたシュートを食べるものなどがあります。
完全な駆除は難しいため、みつけたらこまめに捕殺するか
スミチオンなどを繰り返し散布して予防します。

●カミキリムシ
成虫は樹皮を食べて枝を枯らし、幼虫は木の内部を食べて木を枯らします。
見つけ次第、捕殺。

こまめに観察し、早いうちに対処しましょう。
また、虫の駆除には、満月のころに薬をつかうとよく効くと言われています。
虫が卵を産むのが大潮のときだからです。


スポンサードリンク

タグ

2011年3月26日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:バラの害虫