検索結果

タグ検索

バラ 育て方などなどで“バラの害虫”タグの付いているブログ記事

下記のエントリー(記事)が検索結果となります。

コガネムシの幼虫駆除

バラの天敵のひとつがコガネムシの幼虫。
土の中にもぐっているのでなかなかわかりません。

土の中でバラの根っこを食べてしまうため、
バラに元気がないなと思ったときには被害がけっこう進んでいて、
大切なバラの苗を失ってしまうこともありますので要注意です。

今の季節、腐葉土のような有機物をたくさん使った庭の土を掘り返してみると
カブトムシの幼虫を小さくしたような、白い柔らかそうな幼虫見つかることがあります。

コガネムシの幼虫向けの農薬にはダイアジノン粒剤というものがあって、
予め土に混ぜ込んでおくということもできますが、
できるだけ農薬を使いたくない方は、一匹ずつ捕獲する方法しか手はありません。

私の庭では、バラの横にプチトマトを植えていました。
プチトマトの枝を整理しようと庭からほりあげたところ、
土の中からコガネムシの幼虫がたくさん出てきました。
たぶん、40~50匹くらいいたと思います。
トマトの横に植えていたギヨーのバラの根元を少しずつ掘り起こしてみると、
でてくるわでてくるわ、コガネムシの幼虫オンパレードでした。

そこでバラの苗を守るため、コガネムシの幼虫駆除を試みました。
駆除といっても土を掘り起こしてはひたすら手で取るのみです。

もう一つの対策としてはコガネムシに卵を産ませないよう
株元をマルチング(覆いをする)という方法もあります。
最近、見た製品ではマルチマットという名で販売されていたもので、
天然ヤシを材料としたマット。
これを鉢に合わせて使えばコガネムシの成虫が
鉢の表土に卵を産むことを阻止することができます。
おまけに水はねなども避けられますので、黒点病予防にもなりそうです。


タグ

2011年7月28日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:バラの害虫