検索結果

タグ検索

バラ 育て方などなどで“バラ栽培”タグの付いているブログ記事

下記のエントリー(記事)が検索結果となります。

バラ栽培:7~8月

バラ栽培にとって過酷な夏がやってきます。
特に最近の猛暑つづきの状態では、どの植物にとっても同じですが、
水切れを起こさないような管理が必要です。

●7月の作業

バラ苗も、梅雨開けとともに夏の厳しい日射しにさらされることになります。

バラ鉢の表面も用土が乾きやすく、毎日の水やりが必要になってきます。
水切れを起こさないように、鉢の下から水が流れ出るまでたっぷりと与えます。
水が底から流れ出るときに空気を一緒に引き出す作用があり、
鉢の中の呼吸を助けることから、水をたっぷりやります。

暑い日は、朝晩2回の水やりが必要になる場合もあります。

気温が高くなると、バラでもうどんこ病や黒星病はいったん影を潜めます。
その代わり、ハダニや害虫の幼虫などがはびこる季節です。
毎日の水やりの時、よく葉っぱを観察し、
害虫がいれば取り除くなどの手入れが必要です。
ベランダ栽培などで雨のあたらな場所では、乾燥によってハダニがつきやすいので
霧吹きなどで葉っぱを濡らしてあげるのもよいです。

肥料は月1回の固形肥料と、10日に1度くらい水やり時に液肥を与えます。
剪定はこの時期のバラには特に必要ありませんが、あまりに混み合うようであれば、
適宜、風通しを良くするように剪定します。

●8月の作業

7月と同様、暑い日が続きますのでバラ苗が水切れを起こさないように毎日、場
合によっては朝晩2回の水やりを行います。

イングリッシュローズなど、四季咲きのバラは3番花を咲かせますので
花の咲いた後は軽く剪定しておきます。

春に植え付けたバラの新苗もどんどん生長し、蕾をつけると思いますが
秋までは摘蕾し、苗を大きくすることに専念します。

台風が発生する時期でもありますので、台風時には支柱を立て、
枝が倒れないように固定しましょう。

8月下旬から9月上旬にかけて秋のバラを美しく咲かせるために
品種によっては剪定を行います。



タグ

バラを無農薬で育てる

バラといえば、病気や害虫が多くて。。という印象があります。
バラ栽培は、消毒や農薬がつきもの、と思っていました。
でも最近は無農薬でバラを育てる方も増えているようです。

ベランダや集合住宅でバラを育てている場合や、
家同士が密接しているような住宅地では
農薬をスプレーするのも近所に迷惑になるのでは?考えてしまいますよね。
農薬を使わないですめば、自分の体にも安心です。

先日、「Dr.真島康雄のバラの診察室」という本を購入しました。

真島先生は、お医者さまであり、バラ育ての達人でもあります。

この本には、バラを無農薬で栽培するノウハウが書かれています。

バラ界のファーブル先生といわれるように、
バラの害虫を観察。
すると、その害虫を食べたりしてやっつけてくれる益虫がいると分かりました。
この益虫とと仲良くすることで害虫退治をしてもらい、
薬に頼らずバラ育てを楽しむ方法に取り組んでいらっしゃいます。

バラに囲まれた美しいお庭の写真を見るだけでも楽しいのですが、
バラにつく害虫が詳しく載っています。

害虫って、見つけにくいんです。
茎のフリをしたり、ヒモのフリをしたり、擬態の達人。

この本を読んで、自分のバラを観察してみると・・・。

少しかじられたようなつぼみの近く、目をこらしてみていたら、
茎になりきった尺取り虫がっ!

本当にまるでバラの茎のように姿を変えてジッとしていました。

また害虫だけでなく、バラの病気に関しても
独自の見解をもってらっしゃるのでちょっと目から鱗な感じです。

バラ育て、私もできるだけ農薬無しで育ててみようと決意しましたよ。
そのためにはバラを良く見ないとダメなので
自分のバラをもっとよく知ることになります。
それは嬉しいですね。

バラに限らず、よく観察して育てるのが大切ですね。



スポンサードリンク

タグ