検索結果

タグ検索

バラ 育て方などなどで“対策”タグの付いているブログ記事

下記のエントリー(記事)が検索結果となります。

ベランダでバラ:夏の旅行対策

ベランダでバラ栽培の難関は、夏の暑さ。
でも、もしかしたら、夏に留守をすることがさらに難関かも知れませんね。

これはバラ栽培に限ったことではありません。
ベランダガーデニングをやっていれば、
野菜であれ、花であれ、最大の難関ともいえるでしょう。
つまり、水切れ。

庭だったらまだ近所の人や友人に水やりを頼むこともできるでしょう。

でもベランダでバラ栽培というと、
アパート、もしくはマンション、戸建てだったとしても
鍵を預けてまでバラの水やりを頼める人が
そうそう近所にいないかもしれません。

夏旅行やお盆で
どうしても帰省しなければならない方は
水の管理をしっかりして、覚悟してバラの無事を祈りましょう。

夕立がくることは想定外のこととして(来ない日もありますから)
バラ鉢が水切れしないように出来るだけのことを。

まず、日よけスクリーン。
バラ栽培には、日光も大事ですが、
やはりギンギンの日射しは水切れにつながってしまいます。
朝に水をたっぷりやっても、夕方にはカラカラになったりしますよね。

遮光率50%程度の日除けスクリーンがあるとベストです。

次は、バラの株元にマルチング材をしいてあげましょう。
つまり、土を覆うものです。
ウッドチップ、もみ殻、稲わら、バーク、腐葉土、ピート・モス、牛ふんなど
バラの根元に敷く素材はたくさんあります。

バラの株元にマルチングすることによって
鉢の表面の水分が蒸発するのを多少は防げます。
ちなみにマルチングはバラにとって保温効果もありますので覚えておきましょう。

ただし、素材を選ばないと、かえって害虫のすみかとなってしまう場合も。
注意してくださいね。

出かける前には、バラ鉢の底から水がどんどんと流れるくらい
たっぷりと水やりを。

ギンギンに晴れた場合、3日程度がヤマだと思います。
それ以上留守にするときは、バラ鉢を誰かに預けることをかんがえた方がよさそうです。
お礼のお土産はお忘れなく。

タグ

バラの害虫スリップス

バラの害虫には、スリップスというのがいます。
小さな虫で素早いです。

ローズガーデンやベランダガーデンで美しく咲いたバラ。
喜んだのも束の間、バラの花びらがやられてる~!!!ということに。

 しかも、白や淡いピンク、淡い黄色いバラに限って
バラの花びらが食べられてしまい、がっかり。。。

これは、バラの害虫スリップスの仕業なんですね。
スリップスとは、アザミウマとも呼ばれる、黒くて小さな害虫です。

スリップスの種類も色々あります。
小さなものから1センチくらいのものまでいるそうですが、
バラの花にもぐり込むのは小さなスリップス。

大きな被害を及ぼすアザミウマとしては
ミナミキイロアザミウマとミカンキイロアザミウマが問題となります。

小さくて動きが早く、
バラの花の中に逃げ込むので なかなか手でとるのもやっかいです。

バラだけでなくイチゴやトマトなども被害にあうようで、
各自農家の方々も苦労されている様子。

バラの大敵、スリップス対策として 薬だけでなく、便利なものがありました!
バラの国、イギリスからやってきたというムシボード。
24×10cmの大きさでポリスチレン製の板です。

昔あったハエトリ紙を板にして、青くしたみたいなもの。
スリップスは青色に誘引されるということで、
このムシボードは青い色をしています。

黄色に引かれてくる虫はたくさんいますが、
スリップスって青が好きなのでしょうか?
それにしては、淡い色のバラによくついているのですが?

粘着力が強そうですが、
害虫はくっついてバラにはつかないというすぐれものらしいです。
でも、自分にくっつかないよう注意が必要です。
他にもトルシーネット付きという製品があり、
こちらは小さな虫しかくっつかないように出来てるようなので
スリップスには適しているようです。

バラの花を美しく保つためにはなかなか手間もかかりますが
それだけにきれいに咲いているとうれしいですね!

スポンサードリンク


パッケージが少し変わって再登場【英国製】 バラの害虫スリップス対策ボード「ムシプレート ...

タグ

2011年5月29日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:バラの害虫

バラの病気と対策

バラに多い主な病気とその対策を調べてみました。

バラは、比較的丈夫な植物で
日当たり、風通しなどに気をつけてやればさほど難しくはありません。
しかし、やはり何かのきっかけでバラも病気になることがあります。

バラを育てる上でも病気は難関と思われているようですね。
バラを育てたことのない初心者にとっては
やはりハードルともいえるでしょう。

どれも早い対処が大切なので
日頃からバラをよく観察しておきましょう。


●黒点病

梅雨時や秋の長雨時、湿度が高くなり
葉っぱに水分が長く残った状態で発生することの多い病気です。
葉っぱに黒い斑点ができ、他の葉っぱに伝染、黄色くなって葉が落ち始めます。

一度かかった葉っぱはもう元には戻りませんので、
早めに摘み取りサプロールを散布します。
雨の降る前に、ダコニール、サプロール、マンネブダイゼンを散布すると予防になります。

●うどんこ病

春や秋の湿度が高い時期にかかる病気です。
葉っぱや蕾など白い粉がかかったようになる病気です。

うどんこ病をみつけたらミラネシンを散布。
ベンレート、ダコニールなどを散布して予防します。

●べと病

気温が低く湿度が高い頃にかかる病気です。
葉やつぼみの表面に黄褐色や赤褐色の斑点がついて葉が落ち始めます。

みつけたら症状のある葉を取り除き、アリエッティVなどで消毒します。

●灰色かび病

花腐れ病とも呼ばれ、灰色のかびが蕾などに発生すると
そのまま花は開かなくなります。
なるべく雨に当てないようにし、鉢植えであれば、軒下に避難させます。
ベンレート、ダコニールなどを散布し、予防します。




スポンサードリンク

タグ

2011年2月13日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:バラの病気