検索結果

タグ検索

バラ 育て方などなどで“育て方”タグの付いているブログ記事

下記のエントリー(記事)が検索結果となります。

バラ栽培:9~10月

「厳しい夏の日射しも和らぎ、だんだんと涼しさから肌寒さへと移行する季節。
秋バラを楽しむために作業を行いたいですね。

●9月の作業

バラにとって厳しかった夏の日射しが落ち着いてきます。

この時期気をつけたいのが秋の長雨。
梅雨時期と同じように黒点病に注意する必要がでてきます。

また、気温が下がり過ごしやすくなると夏の間、影をひそめていたうどんこ病も発生しやすくなってきます。
害虫も活発に動くので、早めに対処しておきましょう。
消毒をする場合は、長雨に入る前に行います。

水やりは、毎日、土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。

四季咲きのバラは、9月の第1週までに夏の剪定を終えておくと秋バラがより楽しめます。
ただし、イングリッシュローズなどは不定期に咲くので、
花が終わった後に剪定すれば大丈夫ですね。

追肥を忘れずにあげておきましょう。

●10月の作業

美しい秋バラのシーズンいよいよ到来です。
10月中旬頃から四季咲きのバラの開花が始まります。

季節的に肌寒さも感じるようになってきますから、害虫の動きが弱くなります。
そのかわり、うどんこ病や黒星病の被害が出てきますので、
秋バラが開花するまでに薬剤散布をし、病害虫への予防が必要となってきます。

水やりは、バラの花が咲くまでは毎日、バラが咲いたら土の表面が乾いたら与えます。

肥料は、月の初めくらいまで続け、蕾が色づき始めたらストップします。

バラを増やす場合、接ぎ木や挿し木に適した季節です。

秋バラは、花もちが良く、色も香りも強くなりますので、十分楽しんでくださいね。

タグ

バラの水やり

バラ苗を育てる場合も水やりは大切。
水やりの仕方によって株の成長を左右してしまいます。

バラに限らず、ガーデニングをする上でも、
水やりはもっとも難しい作業といわれています。


バラの水やりの場合も、神経を使わず無頓着に行ってしまうと、
あれこれと困ったことに遭遇することになってしまいます。

バラにお水をあげる時間帯はできれば午前中が適しています。


バラの鉢植えの場合は、鉢土の表面が乾いてから。
鉢の下から流れ出るくらい株元にたっぷりと与えます。
こうして鉢の中にたまった古い空気も入れ替えができます。

バラが庭植えの場合は、根付いてしまえばよほどの晴天続きなどの場合でない限り、
それほど水を与える必要はないんです。

あまり常日頃から水を与え続けると
根があまり深くまで伸びなくなり軟弱な株になってしまう可能性があります。

水やりの注意点として、夏には朝夕涼しい頃に冷たい水を与えます。
時々、葉水を与えましょう。

冬には、晴れた日の午前中が適しています。
気温が上がりはじめてから冷たすぎない適温の水をやりましょう。
夜になって凍る恐れがあるので、夕方はお水は与えません。

株の上から水を与えると病気になりやすいため、かならず株元に与えてください。

水圧を高くすると泥はねしやすいので、
穴の細かいホースノズルをつけ優しく水をあげてくださいね。



・水のやりすぎは根腐れの原因に。

・水切れでは、葉やけを起こしたり、育成が遅れたりしてしまいます。

・水やりのときに泥がはねてしまうと、黒星病が発生しやすくなります。

・冷たい水が葉にかかると、べと病が発生しやすくなります。

・冬の夕方に水やりすると、凍ったり枯れてしまったりします。



スポンサードリンク

タグ

バラの肥料

バラは「肥料食い」と呼ばれていますね。
肥料をたくさん必要とする植物だといわれています。

バラ栽培初心者にとって肥料は
ちょっととっつきにくくどうしてよいか分からない分野かも知れません。
市販されているバラ用肥料の内訳を見ると、
N(窒素):P(リン酸):K(カリ)の対比が3:6:5のものや5:8:5といったものなどさまざまです。
どれを選んだらいいのか、迷いますね。

肥料について少し知っておきましょう。

肥料の3大成分は、窒素、リン酸、カリウム。
他にもバラ栽培に重要な成分としてカルシウムやマグネシウム、
鉄といった微量のミネラルも必要となってきます。

窒素は茎や葉の成長に必要な成分。
リン酸は芽や花芽や根の先端などで使われ、
カリは花を咲かせるために必要な成分です。
根の成長や新しい梢の成長にもカリが必要です。

ところで、バラ栽培のプロが書いた色々なバラ栽培の書籍を読むと、
『バラは肥料食いと呼ばれているけれど、本来はそうではない』と書かれています。

バラも他の植物と同じように光合成で必要な養分を蓄えながら育っていきます。
ですので、肥料はそれほど必要ではないというのです。
肥料をたくさんあげると、よく育つような気がしますが、
かえって全体のバランスを狂わせたりして、
病害虫にも弱くなり悪影響がでてしまうということだそうです。
人間でも、栄養を摂りすぎるとよくありませんね。

こうなってくるとバラ初心者はどうしたらいいのでしょう。

とりあえず、「根力で咲かせるバラづくり」高原通寿氏著を参考にしてみると、
窒素:リン酸:カリの対比は1:3:1.5ということですので、
これを踏まえて有機肥料で
ゆっくりバラが育つバランスを崩さないように試してみたいと思います。




スポンサードリンク

タグ