検索結果

タグ検索

バラ 育て方などなどで“育種”タグの付いているブログ記事

下記のエントリー(記事)が検索結果となります。

バラの交配

バラは見ているだけでも気持ちが和む美しいものですが、
バラ栽培でどうやって新しい品種が作りだされているのか
ちょっと興味が湧いてきます。

バラの育種家(ブリーダー)なんて、ちょっとかっこよくないですか?
1000種類以上あるバラの品種ですが、
いろいろなバラのブリーダーさんたちの汗の結晶だと思います。

調べてみると、バラの育種方法にも何種類かあるようですが、
一般的には「交配育種」という方法が多いようです。

つまり、バラの雌しべに別のバラの雄しべをくっつけ受粉させ
種をつくって発芽させる方法です。

どんなバラをお母さんバラにして、どんなバラをお父さんバラにするか。
色々な組み合わせがあり、こういうものを作ろう!と意図してできる場合と、
全く予期せぬバラができたりする場合とさまざまなようです。

自分の狙ったバラの色合いや形などが出来たらもちろん嬉しいでしょう。
でも、ねらったバラとは全く違った
予期せぬ新しいバラが出来てもきっと楽しいですよね。

5月の1番花の季節、3分咲きの頃、
お母さんバラを選んだらその花びらを取り除き、ついている葯も取り除きます。

2~3日そのままにしておくと雌しべがツヤツヤしてくるので、
お父さんバラの花粉をお母さんバラの雌しべにつけて受粉させます。

うまく受粉できたらローズヒップ=タネとなるはずです。
それを播いて、どんなバラが育つか。。どきどきしますね。

パテント登録してあるバラの品種から
新しいバラ品種を作る目的で交配することについては種苗法で認められています。
もしかして、全く新しいバラをつくり出すことができるかもしれませんよ。



タグ