検索結果

タグ検索

バラ 育て方などなどで“鉢植え”タグの付いているブログ記事

下記のエントリー(記事)が検索結果となります。

鉢植えのバラの肥料

バラに肥料を施すことは、バラ初心者にとってはなかなか難関ですよね。
鉢植えのバラの肥料は、庭植えのバラと違って
気を遣わなければならないことがあります。

まず、鉢植えのバラには、少量の肥料を月1回のペースで施す方が効率的です。

鉢植えのバラの場合、地植えと違って土の量が少ないので、
肥料を吸収する量が限られているんです。

また、鉢植えのバラは水切れが起こらないようにたっぷりと水やりをしますね。
そのため、一度にたくさんの肥料を施しても
水と一緒に鉢の外へと流れでてしまうことになります。

市販のバラの肥料をそのまま使う場合、使用量が書いてあると思いますが、
それより若干控えめが良いようです。

肥料をやりすぎると葉やけしたり、色がどす黒くなったりするようですし、
肥料が少なすぎると成長が遅くなったり、
花が小さいなどといったことが起こります。

バラの花が開花するであろう前の月は、
リン酸の量を少し増やすと花つきが良くなるようです。

しかし、リン酸過多になると、バラの花色が濃すぎて黒くなったり、
花にシワができたりするようです。

そしてリン酸が足りないと、バラの花の色が薄かったり、
花が小さいといったことが起きます。

できれば有機質肥料を鉢の縁に近い方へ施します。
マルチングしている場合はその下へ。

しかし、冬季、12月~2月上旬頃までは、バラは休眠していますので
肥料の必要はありません。
そして、バラの花が満開になる5月や10月も、
肥料による悪影響がバラに出ないように少し控えめにした方が良いようです。



タグ