鉢植え

鉢植えのバラの肥料

バラに肥料を施すことは、バラ初心者にとってはなかなか難関ですよね。
鉢植えのバラの肥料は、庭植えのバラと違って
気を遣わなければならないことがあります。

まず、鉢植えのバラには、少量の肥料を月1回のペースで施す方が効率的です。

鉢植えのバラの場合、地植えと違って土の量が少ないので、
肥料を吸収する量が限られているんです。

また、鉢植えのバラは水切れが起こらないようにたっぷりと水やりをしますね。
そのため、一度にたくさんの肥料を施しても
水と一緒に鉢の外へと流れでてしまうことになります。

市販のバラの肥料をそのまま使う場合、使用量が書いてあると思いますが、
それより若干控えめが良いようです。

肥料をやりすぎると葉やけしたり、色がどす黒くなったりするようですし、
肥料が少なすぎると成長が遅くなったり、
花が小さいなどといったことが起こります。

バラの花が開花するであろう前の月は、
リン酸の量を少し増やすと花つきが良くなるようです。

しかし、リン酸過多になると、バラの花色が濃すぎて黒くなったり、
花にシワができたりするようです。

そしてリン酸が足りないと、バラの花の色が薄かったり、
花が小さいといったことが起きます。

できれば有機質肥料を鉢の縁に近い方へ施します。
マルチングしている場合はその下へ。

しかし、冬季、12月~2月上旬頃までは、バラは休眠していますので
肥料の必要はありません。
そして、バラの花が満開になる5月や10月も、
肥料による悪影響がバラに出ないように少し控えめにした方が良いようです。



タグ

バラの入手方法は?

バラはどんな状態でどんなものを入手すれば良いのでしょう?

バラ園に遊びに行ったりして、バラが欲しくなったという人いますよね。
私はそこで売っているバラの鉢を買って帰りました。
帰ってバラの鉢植えをよく見ると、鉢の中に5本ほど枝が挿してある状態。

これでちゃんと育てられるかな?とちょっと考えました。

バラの花や蕾のついた鉢植えを買うのが良いのでしょうか。
それとも春先に出回る花も葉も付いていない大苗?
はたまた初夏に出てくる新苗?

バラ初心者には、やはり花のついた鉢植えが手軽なようです。
初心者のうちは、バラの花の美しさだけを見て買う場合もありますが、
植える場所や環境を考えて、その場所に合ったバラを選ぶことも大事です。

好みのバラの種類がはっきりしているならば、苗から育ててみるのもいいですね。

苗を入手する場所は、やはりバラの専門家がいて
アドバイスを受けることのできるバラ苗専門店やナーサリーが適しています。

やはりバラの専門店はバラの管理が行き届いているので、
弱った苗が少ないというのが理由です。

あとあとバラの質問をしてもわかるように、
そのバラ苗の名前がきちんと記載されたラベルがあるものが基本です。

直接見て購入できれば良いのですが、近所にバラ苗専門店がない場合は、
大手のバラ会社の通信販売も最近では充実しているので便利です。

ネットでなくてもカタログ販売をしているところが多いので、
目的のバラが決まったら直接連絡してみるのもいいですね。



スポンサードリンク

タグ